Sep

22

にきび予防のための洗顔方法

にきびを予防するためには、毎日の洗顔に気を配るだけでも効果が期待できます。簡単なことですが、洗顔の方法を見直すことによって、にきびの予防につながります。にきびは、大人になってからのにきびと、10代後半のにきびとがあり、要因は別々ですが、いずれの場合も大事なことは洗顔ケアです。

中高校生のにきびは、こめかみから額、鼻といった皮脂の分泌の多いTゾーンと呼ばれる部位に集中的に発生するものです。Tゾーンの毛穴の部分に皮脂がたまり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こすことが、にきびが出来てしまう主な原因です。朝と晩の洗顔で、毛穴に詰まった皮脂をきれいに洗い流すことがポイントになります。

大人にきびができてしまう主な原因は、古い角質の蓄積と肌の乾燥です。肌の代謝が悪くなることで角質がたまりその角質が古くなり乾燥して、厚く硬くなることで毛穴をふさいでしまいます。古くなった皮膚で出口を塞がれた皮膚はアクネ菌が増殖し、皮膚を刺激して化膿させるため、にきびかできてしまうのです。

朝と晩に洗顔ケアをきちんと行うことや、メイク汚れが毛穴を塞いでしまうことがないように、クレンジングケアもきちんと行うことが重要になります。

にきび用の洗顔料は数多く販売されていますが、自分のに合うものを選ぶことが、にきび予防の第一歩です。
皮膚にこびりついていた汚れをしっかり洗い流した後は、保湿成分を配合している化粧水やクリームで肌の乾燥対策をしておきます。

Posted in 美容 | Comments Off on にきび予防のための洗顔方法