Jun

7

ムクナ豆の副作用

ムクナ豆はパーキンソン病の改善に効果があるドーパミンの素となるLドーパを含んでいるということで注目されています。このムクナ豆を普段の食事に取り入れていくことでドーパミンを補うことができて症状の改善などにつながることが期待されています。

そんなムクナ豆ですが、気になるのが副作用ですね。これを摂ることで何か副作用が出ないかきになるところですが、基本的に1度に大量の摂取をしない限りそれほど心配することはないと言われています。

薬のように成分を多く含んでいるわけではないこともあってあまり副作用のおそれはないといえます。

ちなみに副作用として出るものはジスキネジアというもので、足が震えるなどのものがあります。気をつけたいのはすでにお薬を処方されていて飲んでいるときです。お薬では成分が多く含まれているからそれにプラスしてムクナ豆を摂取すると摂り過ぎとなってしまうことがあります。その場合はお医者さんに相談して少量から始めていくのがおすすめです。

健康にいいと言われるものでもそればかり大量に摂られる方がたまにいますが、過ぎたるは及ばざるがごとしとも言われますのであまり大量に食べることないようにして少しずつ毎日の生活に取り入れるのがおすすめです。
http://xn--pckuc2c4213c.xyz/

Posted in 健康 | Tagged , | Comments Off on ムクナ豆の副作用